移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/03/29)
2月26日(日)の記 鹿児島でザビエる

2月26日(日)の記 鹿児島でザビエる (2017/03/02) 鹿児島でザビエる
日本にて


飯塚の朝。
昨日の上映会場でいただいたアンケートをコピーして、主催者の方々にこの場でお渡ししておこうと発念。
最寄りのコピー機のあるコンビニは、近くの病院のなかにあるという。
いやはや広い病院だった。
奔走。
もとはブラジルで出会った主催者の方に博多駅まで送っていただく。

さあ、鹿児島を目指す。
予定の新幹線に乗れた。
予約を入れておいてもらった鹿児島中央駅近くのホテルを探して、荷物を置かせてもらう。
今日のプチ上映会の主催者が青い車で迎えに来てくれる。
彼女は、鹿児島園田研修生OGで、彼女ともブラジルで出会った。

鹿児島ザビエル教会へ。
彼女の友人知人、教会の青年部の若い人たち、そして岡村の招いた鹿児島の友人知人相手のちいさな上映。
僕の狙いは、彼女も登場する『あもーる あもれいら 勝つ子 負ける子』を彼女にお見せすること。
あとの人は、いわばオマケである。
ようやく、機が熟したか。

彼女が担ぎこんだテレビモニターでの上映だが、リモコン不在のため、スタンダード画面を16:9で再生。
主人公のシスター堂園の担任だった鹿児島純心のシスター、そして若い神父さん2人も途中から参加してくださる。

いい質疑応答ができた。
近くでの懇親会もまた楽し。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.