移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/04/25)
3月25日(土)の記 土曜の繁盛

3月25日(土)の記 土曜の繁盛 (2017/03/26) 土曜の繁盛
ブラジルにて


まもなくブラジルを去るという友人と昼食をすることに。
わが家から地下鉄でひと駅北にあるプラサ・ダ・アルヴォレ駅で待ち合わせ。
樹のある広場といった地名。
最近になり、ちびちび飲食店が増えてきて日本起源の「すき屋」支店、アマゾンラーメン屋、食指の動かない手巻き寿司屋などもあり。

友はムケカという魚の土鍋料理の店がいいという。
ここは、老舗。
エビ入りのは邦貨にして700円ほど高くなるので、魚のみのを頼む。
が、エビ入りが来るではないか。
店とがちゃがちゃ言い合うのは消耗するし、食べ物も会話もまずくなる。

世界的な問題になっている食肉不正のまかり通る国である。
店側に不興を買って、エビの代わりにゴキブリでも入れられかねない。
不愉快なら、もう来なければいいのだ。

あっという間に入店待ちの客があふれかえってきたので、ビールを2本にとどめて勘定を頼む。
すると、エビ入りを提供したが、魚のみの金額でいいと向うから申し出るではないか。
このあたりが、この店が人気の秘訣か。

付近を少し歩くが、これはという飲食店はいずれも客でごった返し。
相当な不況のはずなんだが。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.