移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/04/25)
3月31日(金)の記 朽ちた枝を払い、新芽の輝きにときめく

3月31日(金)の記 朽ちた枝を払い、新芽の輝きにときめく (2017/04/01) 朽ちた枝を払い、新芽の輝きにときめく
ブラジルにて


4月の伊豆大島での読書会+上映会を企画した伊藤さんからは「身勝手により」中止との報とお詫びばかり。
謝罪など無用だから僕の理解できる、納得のいく理由をお願いすると伝えても、またお詫びだけが返ってくる。
不毛なやり取りに、徒労感。

中止は決定とのことだが、いまだご本人による中止決定のネット上の告知はされないまま。
僕もゲストとしてこのイベントのことをオンライン上で告知してしまっているので、責任上、中止とお詫びをオンラインにあげる。

さっそく少なからぬ方々から驚き、疑問、怒りの共有、お見舞いのアクションとメッセージをいただく。
伊藤修さんとは10年来のお付き合いだが、今度のイベント中止事件について僕の納得がいく説明がなされない限り、今後、ご一緒のイベントは控えさせていただこう。

その他はうれしい便りが祖国からいくつも入る。
今年のメイシネマ祭で『ブラジルの土に生きて』改訂版を上映していただくことになった。
さらにサプライズの上映企画は、乞うご期待。

日本のシンパの皆さん、伊豆大島中止問題以外は順調です。
皆さんのお気遣いと応援が僕の活動の原動力であり、指針を支えてくれています。
御礼とともに、事情が許す限り今後もこの道を貫かせていただきます。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.