移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/06/26)
4月4日(火)の記 イエズスカンパニー@サンパウロ

4月4日(火)の記 イエズスカンパニー@サンパウロ (2017/04/05) イエズスカンパニー@サンパウロ
ブラジルにて


日本からの頼まれもので、わが家からの徒歩圏で見つからないものがある。
思い切って、別の用も抱き合せてダウンタウンの市営市場に行く。

このあたりの安売り街は、通りの名前の略称で「25」と呼ばれている。
先回、25に来たのはなんの用で、いつだったか正確に思い出せない。
その時は路上でやたらに自撮り棒が売られていた。

今回、あれはまるで見当たらず、それに代わるメダマがないようだ。
付け毛というやつだろうか、それを持って「Cabelo(毛髪)」と声を立てるのを何人か見かける。

さて、市営市場で何軒かまわり、アマゾンまで行かないとダメかと思っていたものを購入。
さあ、ダウンタウンのアート系をいくつか見に行こう。

道順にある「コレジオのパティオ」に寄ってみる。
西暦1554年にヨーロッパから到来したイエズス会士たちが、ヤシの葉で葺いたコレジオを立てた場所で、これがサンパウロの名称と町の起源となった。

ブラジルに最初にイエズス会士が到来したのは現在のバイーア州で、1549年。
フランシスコ・ザビエルが鹿児島に到着したのと、ずばり同じ年だ。
イエズス会を通して、僕のなかの日本とブラジルがつながった。

イエズス会史の絵本、そしてコレジオ鉛筆を購入。
今日は、よく歩いた。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.