移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/08/16)
6月16日(金)の記 明応元年のフットボール

6月16日(金)の記 明応元年のフットボール (2017/06/18) 明応元年のフットボール
ブラジルにて


連休中日の過ごし方。
昼は親族筋の会食。

午後。
こちらの映画館のショップで買ったDVD『1492』を見ようか。
リドリー・スコット監督作品、アメリカ大陸「発見」500年記念のこの映画、見逃していたのだ。

コロンブスがはじめてみる島のイメージの美しさ。
コスタリカで撮影されたようだ。
コスタリカは、僕にとってワケアリの国。

映画では、新大陸の先住民たちに歓待されながら、さっそく彼らとその大地からヨーロッパに向けて収奪していかなければならない「業」が描かれる。
以下は、プチねたバレあり。
コロンブスが信頼していた先住民の若者が、ハクジンに絶望して森に帰っていくときの言葉。
「あなたは、われわれの言葉を覚えようとしなかった」。

1492年というのは…日本では明応元年。
調べてみると、日本の明応年間は室町時代の後期。
明応地震と呼ばれるマグネチュード8を超える大地震が、何度も日本列島を襲っていた。
鎌倉の大仏殿は、この時の津波で倒壊したとされる。

祖国はここのところ、大きな地震がないようだが…


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.