移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/08/16)
7月1日(土)の記 ある安息日

7月1日(土)の記 ある安息日 (2017/07/02) ある安息日
ブラジルにて


ブラジルの公用語、ポルトガル語で土曜日はサバド:sabado、ヘブライ語の安息日シャバトに由来する。

今日は朝イチで愛竹家の橋口さんとふたたび合流、サンパウロの中心地へ。
四半世紀前にイエズス会士たちがこの町を起こした地で、アートのハシゴとカフェ。

昼からこちらの知人のご母堂の四十九日法要へ。
日本起源のさる新興宗教の会館にて。

この宗教については、祖国の時局問題からも気になっていた。
ネットで調べていくと、教祖が「幸ひにして吾が国のみは神が建てたる国である。」としっかり書いていた。
ブラジルで数百万人の信者がいるとされているようだが、このあたりはどう折り合いをつけているのだろう。
あまり深くかかわりたくないけど。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.