移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/08/16)
7月15日(土)の記 あげもの時間

7月15日(土)の記 あげもの時間 (2017/07/16) あげもの時間
ブラジルにて


今日は、午後から子供のかつてのクラスメートが遊びに来るという。
わが子も先日、先方のところに招かれ、ごちそうになっている。
さて、今日は連れ合いが夕方まで外出だ。
愚生が腕をふるおう。

まずは、農場から届いたマンジョーカ芋のフライ。
少しおいて、2キロ半の鶏肉の唐揚げ。
下ごしらえは朝からしておいた。
滞在が夜までになることも想定して、夕ご飯も準備。

日本の被差別部落差別についての、現代のルポの一節を想い出す。
わが子供の誕生パーティに子供の友達を招いて、ごちそうを用意した。
しかし、誰も来なかった。
あそこは被差別部落だからという知らせがメンバーの親たちにまわったからだという。

胸がいたむ。
僕がどの立場にもなりうるからだろう。

自分の日本での小中学時代は、いじめられることをかわすため、いじめる側に回っていた。
猛省。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.