移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/08/16)
7月25日(火)の記 ダイはソーをかねる

7月25日(火)の記 ダイはソーをかねる (2017/07/28) ダイはソーをかねる
ブラジルにて


今日は、他州に赴任中の日本人一家をサンパウロでご案内の予定。
到着時間、そしてホテルがわからず、ちょいとやきもき。
午前中に、わがブラジルのガラケーにメッセージが入っていたが、見事に文字化け。

昼過ぎにリベルダージ駅で合流することに。
先方はご夫妻と、10歳未満のお子さん二人。
子供たちに気を使おう。

昼は日本式ラーメンが食べたい由。
リベルダージではダイナミックなパフォーマンスの手打ち中華麺屋、そして海鮮たっぷりのチャイニーズちゃんぽんを出す店などがある。
が、お子さまたちが日本のラーメン!に固執。

わが子に教えてもらった、さほど混み合わず、値段もリーズナブルな店にご案内。
お子ちゃまたち、ご満悦。

ついで、オカズパン屋でカレーパンとメロンパンを購入、店のカフェスペースへ。
日本語書店、マクドナルドの日本庭園、カテドラル等を回って…

キメはダイソー・ブラジルだ。
下のお子さんがだれてきて、ホテルに戻りたがるが、道順だからと励まして。
日本の100円ショップ、ダイソーのブラジル本店。
値段は日本の数倍になるが、日本の品ぞろえとの微妙なズレが面白い。

家族それぞれの関心と攻防もなかなか。
あ、これ、オレが欲しい、という品も。

次回の訪日土産のサンプル、そしてフマニタスの佐々木神父宛てのグッズを購入。
一家は日本の郷土名を印刷した食品の小袋を発見、職場へのお土産にと大量に購入。

一同ご満悦でホテルに無事到着。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.