移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/10/16)
7月26日(水)の記 冬の蛍

7月26日(水)の記 冬の蛍 (2017/07/30) 冬の蛍
ブラジルにて


家族の休暇が重なった「食」なみの貴重な日々。
近年は一年に一度あるかないかの家族そろっての旅行。

今日見つけたちいさな奇跡に導かれてのルートで。
海岸山脈の宿へ。

これまでに思い出す限り三回、友人知人を招いてその宿を訪ねている。
この世で二度と会えない人、二度と会いたくない人など、様々。

ネット予約の思わぬ落とし穴にはまりそうになるが、なんとかなる。

さあ、冬の夜のカエル相はいかに。
いやはや、鳴いている鳴いている。
愛竹家の友と先日、訪ねた時以上だ。
今宵は体感温度で12-3度ぐらいだろうか、そこそこ暖かいせいか。

シロート耳に、3種はいるかな。
おや、こんな真っ暗な沼地でフェイスブックの着信音が。
僕の右に誰かスマホを持っているのがいる?

それもいくらなんでもシュール、ホラーの世界。
森のなかに、フェイスブックの着信音のような鳴き声を発するカエルがいるとみてよさそうだ。

そして、飛行機かと見まがう発光物。
ブラジルのポピュラーな、ホタルと呼ばれる発光昆虫・ヒカリコメツキだ。
冬場も飛翔・発光とは。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.