移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/11/16)
8月19日(土)の記 投げ入れで

8月19日(土)の記 投げ入れで (2017/08/20) 投げ入れで
ブラジルにて


寒い、そして雨。
今日は連れ合いの実家でのお祝い事。
思うところあって、撮影をする。

会場でお花をいけてくださる師範を車でお連れする。
この方とは古くからの知り合いだが、お花の話をあまり聞く機会がなかった。
今日は道中もあり、会場での撮影もさせていただいたので、いろいろうかがうことができた。
この先生は、剣山などを用いずに花を投げ入れるようにいける「投げ入れ」という手法をとられている。
生け花では正面を設定している場合が多いが、彼女のはいろいろな角度から見られることを想定しているという。
雨天だと、投げ入れの植物にはいいそうだ。

学ぶこと、多し。
ヒヤヒヤの事態もあったが、歩留まりは撮れたかな。
「ぶどまり」を調べてみると、僕がギョーカイで使ってきたのと少しく意味合いが異なるみたいだが。
最低限は押さえた、という控えめな表現で僕は使っているのかな。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.