移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/09/24)
8月26日(土)の記 土曜読本

8月26日(土)の記 土曜読本 (2017/08/27) 土曜読本
ブラジルにて


今日は年に一度の、ブラジルのマクドナルドのハッピーデイ。
この日のビッグマックの売り上げは、すべてブラジルの小児ガン関係の医療施設に寄付されるという。
今年で、29年目。
わが家から健脚コースにあるマクドナルドへ、子供と徒歩にて昼前に出向く。
これまでほどの人出はない。
いままではトレイの敷紙に昨年はいくらの売り上げでどこの施設に…といった明細も書かれていたが、今年のには具体的な数字は29年目、というのしか見当たらない。
結果が固有名詞や具体的な数字でわからないと、こっちのモチヴェーションも弱くなる感じ。

午後は、気ままに読書とさせてもらう。
宇井眞紀子さんの写真集『アイヌ 100人のいま』(冬青社)。
これは、すごいお仕事だ。
日本全国に住まう100人にわたるアイヌ系の人たちの写真と、それぞれからのメッセージ。
被写体の人々も見事に多様だが、写真の構図そのものも見事に多様なのだ。
この多様性こそが、宝ではないかと気づかせてもらう。
写真家とひとりひとりの方々の間に流れたやり取り、時間、信頼関係がよくうかがえる。
これは、並大抵なことではない。
いいお仕事だ。

東京都で撮影された方の言葉を引用させていただこう。
「子供の頃は嫌でしたが、今はアイヌに生まれたことを宝クジに当たった様に嬉しく思っています。幸運でした。」


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.