移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/11/22)
8月27日(日)の記 ハンガリアンネーム

8月27日(日)の記 ハンガリアンネーム (2017/08/28) ハンガリアンネーム
ブラジルにて


ふしぎとハンガリー人の名前のことが重なる。
「原爆の真の父」レオ・シラードは日本語でジラートとも表記されるそうだが、スペルは Leo Szilard 。
スペルだけでは、読みこなせないな。

昨晩から、ハンガリー人のカトリック司祭の名前のことで日本の知人とやり取り。
スペルは Peter Nemeshegyi 。
ペトロ・ネメシェギ と日本語で表記されるのがふつう。
日本で40年以上にわたって奉仕され、日本語の著作も多い。
先月、フマニタスにご案内した人も、フマニタスの佐々木治夫神父自身もこのネメシェギ師にお世話になっていたという奇遇。
それも、僕が後でほじくり出してわかった。

僕は名前だけは存じ上げていたが、メネシェギだと思っていた。
メネシェギで検索してみると、ネメシェギ師のことをメネシェギと誤記しているものが複数、見つかるではないか。
昨晩、メールをくれた日本の人も、師と間接的につながるとのことだが「メネシェギ」とあった。
ネメ より、メネ の方が日本語圏のアタマにはなじみやすいのだろうか。

ハンガリーについてWikiなどで見てみると、知らないことばかり。
正式な国名は Magyaroszág 、マシャロルサーグとカタカナ表記するようだ。
温泉文化の国とあり、いっきに親しみが増す。

さてハンガリー、漢字一文字表記だとなんだろう。

「洪」とある。
ハンガリー語の読み並みにむずかしいな。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.