移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/09/24)
9月2日(土)の記 トリの編集

9月2日(土)の記 トリの編集 (2017/09/04) トリの編集
ブラジルにて


さあ今日は拙宅でゆっくりさせてもらおう。
字面みっちりの本もパスさせていただくか。
完読していない図録系の書籍を引っ張り出す。

目黒区美術館で購入した『板倉鼎 その芸術と生涯』板倉弘子編著。
目黒では展示されていなかった作品の画像もあり、板倉鼎の復習に格好。

2年前に下北沢のダーウィンルームさんでの展示会の際に購入した鈴木まもるさんの『世界の鳥の巣の本』(岩崎書店)。
まことに学びと気づきの多い展示だった。
ヒトは編みものや縫いもの、そして家屋の製作をもトリから学んだのだろうと推察するに至る。
それにしても、あっぱれなお仕事だ。
展示会の際に鈴木まもるさんと親しくお話をさせていただいた。

以来、ブラジルで野鳥の巣に気をつけるようにしているのだが…
マットグロッソ州の溝部さんのお宅でのアナホリフクロウ、そして海岸山脈の宿の敷地のタケ株に営まれたjurutiと呼ばれるハト科の鳥の巣ぐらいしか思い出せない。
ますます鈴木さんのフィールドワークのすごさが察せられるというもの。

夕食は家族のリクエストにより、メンチカツを作成。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.