移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/12/10)
9月11日(月)の記 手書きから手抜きへ

9月11日(月)の記 手書きから手抜きへ (2017/09/13) 手書きから手抜きへ
ブラジルにて


四連休でたるんであせって、映像編集を再開。
次回の出ブラジルが三週間後に迫り、日本での段取りもすすめたり戻ったりしながら。

今回も、東横線学芸大学駅最寄りの古本遊戯流浪堂さんに僕の上映講座を主催していただけることになった。
計3回の献立は決定。
さあ今回のチラシをどうするか。
日本到着の翌日のスタートとなり、経費削減も図って先回同様、僕の手づくりとすることとなった。

手書きというのはそこそこの手間がかかる。
それはさておき、われながら自分の筆跡があずましくない。
ビデオ編集も追い込み中だし…

そもそも先回、日本で使用したマス目がコピーに写らない方眼用紙をこちらに持ち帰ったつもりなのだが、見つからない。
うーむ。
手書きから手抜きへ。
パソコンのワープロ機能でどこまでできるか。
先回、日本で思わぬ人が僕の似顔絵を描いてくれた。
その方のお名前を出さないなら使用可、とのお許しはいただいている。

これを紙コピーして、ハサミで切ってノリで貼ってスキャンして…
と想定するが、ためしにパソコンのペイント機能を使ってみるか。
と、割付けがすべて狂い、望みの場所に収まらない…

マニュアルも教官もなしに、みようみまねでクルマを運転してみる思い。
だいぶあちこちにぶつけて、絶望気味。
…おや、なんとかなった感じ。

そもそもこの上映会をチラシで見ていらっしゃる、という方はまれなのだが、皆無ではない。
ネットの網にかからない人の一本釣りをおろそかにできない。

一匹の羊、か。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.