移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/12/10)
9月19日(火)の記 病院アート巡礼

9月19日(火)の記 病院アート巡礼 (2017/09/22) 病院アート巡礼
ブラジルにて


検査のため、早朝から大量の下剤を服用。
恥ずかしながら、自分の身体に針や管を刺されてはじめて、ほんのささやかながら入院されている方々の思いを察する。
自分の怠りを反省するチャンスだ。

夕方の別の病院での検査までの間、サンパウロ近代美術館を観賞。
ロートレックにブラジルの写真家ミゲール・リオ・ブランコとは意欲的な組み合わせ。

夕方の巨大病院は、院内のアートが秀逸。
通路から外れたところにある作品に見入っていると、スタッフに不審がられる。
各セクションごとに異なる作家で統一しているようだ。
うーむ、自分の検査に無縁なセクションのも見てみたくなる。
これだけの規模だと、病院のアートのキュレーターがいるのだろうか。

新たにブラジルのいい画家を知った喜び。
似た傾向の日本の巨匠よりいいかも。
ちなみにその画家は、Sergio Lucena。
http://www.sergiolucena.net/index.html


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.