移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/12/10)
9月27日(水)の記 ゆきさんに会いに

9月27日(水)の記 ゆきさんに会いに (2017/09/28) ゆきさんに会いに
ブラジルにて


早朝6時、エンジン駆動。
まずは小橋節子さんをピックアップ。
ふたりで橋本梧郎先生のお連れ合い、ゆきさんの慰問の旅。
「水底の滝」のトリオの再会だ。

訪日まで一週間を切り、いっぽうイレギュラーな用事が重なっている。
ゆきさんは90代半ばになられ、体調を崩されていた由。
思い切って、おうかがいすることにする。

身を寄せられているサンパウロ州内陸の息子さんの農場へ向かう。
往復約300キロ。

行ってよかった。
移動には歩行器を使われているが、耳も目もしっかりしていて、頭のキレも以前と変わらない。

「最近、橋本先生は夢に出ますか?」
と聞いてみる。
つい最近、見たという。
見たという記憶しかないが、小橋さんと僕がうかがうというのがうれしかったからかもしれないとのこと。
誰がうれしかったのかな?

海岸山脈の生気をたっぷりといただく。

隠れキリシタンの系譜のブラジルに伝わるカトリック信仰の話になる。
「さきあげ」という言葉が出てくるが、これはずばり、きりしたん由来の語ではなかろうか。
おや、検索しても引っかからない…

かえってこちらが元気をいただき、感謝。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.