移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/11/22)
11月3日(金)の記 文化の日!

11月3日(金)の記 文化の日! (2017/11/12) 文化の日!
日本にて


平和と文化を大切にする日本国憲法が公布された日だから、文化の日。
すばらしいではないか。
夕方からの学大ファイナル上映会の前に…

目黒区美術館の『日本パステル畫事始め 武内鶴之助と矢崎千代二、二人の先駆者を中心に』展に行ってみる。
何年か前のこの日も滞日中で、地方のミュージアムを訪ねると文化の日は無料、という気の利いたサービスをしていた。
わが本籍地の目黒区は…こんなサービスがない。
概して日本の文化行政は、ブラジルより劣る感あり。

さて、この展示のチラシで矢崎千代二がリオの景観を描いているのは知っていた。
なんと矢崎は1930年、朝日新聞社の嘱託として南米移民の取材にあたったことを知る。
ブラジル、アルゼンチンなどを回って帰国は1932年。
移民船の情景からサンパウロのコーヒー農場の作業などをパステルでとらえて、アマゾンもまわったようだ。
ノーマークのアーチストだった。
オリジナルが中国にあるという矢崎の南米移民がらみの絵画の写真の展示を見るが、ブラジル移民史系で知られる画家の作品より、いい感じに思える。
調べてみよう。

さあ、学芸大学ライブ上映会2017年秋の部の最終回。
これまでの最多の大入りとなった。

文化:culture の語は、もともとは土地を耕すという意味で使われていた言葉が、やがて頭(知性)や精神をたがやすという意味で用いられるようになり、そこから教養という意味も付くようになったという。
この鷹番上映会は、まさしく主宰をしていただいている古本遊戯流浪堂の二見具夫妻と僕、そしてご来場の皆さんでともにここまでたがやしてきた。
感無量である。

こうした最上のときの余韻に浮かんでくる台詞。
「今度もまた負け戦だったな」。
(映画『七人の侍』より)


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.