移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2017/11/22)
11月5日(日)の記 武蔵、濃すぎ

11月5日(日)の記 武蔵、濃すぎ (2017/11/13) 武蔵、濃すぎ
日本にて


さあいよいよ今回訪日中の千秋楽上映。
主催者がチラシの配布先一覧を送ってくれて、その広範囲なことに驚いた。
今回の最大規模の上映になりそうだ。

場所は、東急東横線とJR南武線の武蔵小杉駅が最寄りのカトリック中原教会。
武蔵小杉というのはいつも電車で通過、たまに乗換えするだけで、ここになにかをしに来たという記憶がない。

ホームページを見ると、僕の生年に生まれた教会だ。
聖堂は外見は戦後の焼け跡に築かれた建物、といった印象だが、内部は重層なつくり。
ここで午後イチのミサを挟んで午前中に『あもれいら』第二部、午後に『フマニタス』という番組。
まったくの未知の地だが発起人の高橋さんが実に腰低く対応してくれて、またオカムラ上映の常連さん、そして思わぬ知人まで多摩川を超えてやってきてくれて心強い。

そもそも「教会」の語:エクレシアには「教」はなく、「寄り合いの場」といった意味合いだったらしい。
日本語で「教会」としたのは、ヘボン式ローマ字のヘボン師の由。
おかげさまで本来の意味合いの、よい寄り合いができたと思う。

懇親会では主催者、そしてオカムラシンパが参加、絶妙な企画が持ち上がる。
こうしたアイデアが浮かび、盛り上がっている時がいちばん楽しいかも。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2017 岡村淳. All rights reserved.