移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2018/01/02)
12月13日(水)の記 受精告知

12月13日(水)の記 受精告知 (2017/12/18) 受精告知
ブラジルにて


受精と受胎は、おんなじか、あるいはどう違うのか。
調べてみると、ひと言で片付かないみたいだ。
興味のある向きは、ご自身で調べられたい。

『リオ フクシマ 2』のナレーション書き上げと読みの練習と並行して、前作『リオ フクシマ』を見直しておく。
ナレーションの調子からして異なるのだが、あえてこれでいこう。

『2』の方が、いまの僕には格段に面白い。
ある意味で、僕の集大成でもあるだろう。

前作をご覧になった日本のさる女性が「受精の瞬間を思わせる」というコメントをくださった。
どう返していいか、とまどったが、すごい言葉をいただいてしまった。

前作は確かになにかの受精を感じさせないでもない、言わせていただければ壮大な序章なのかもしれない。
いわば『2001』のスターチャイルドが、リオの6月18日に覚醒か。
セルトンは、海となり。

ナマ殺しは、きつい。
なじみの録音スタジオに電話をして、思い切って明日の午前中を予約。

さてさて、おのおのがた、討ち入りでござる。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.