移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2018/01/02)
12月21日(木)の記 夏至23度

12月21日(木)の記 夏至23度 (2017/12/25) 夏至23度
ブラジルにて


日本の冬至は、ブラジルの赤道以南では夏至となる。
犯罪都市サンパウロでは夜7時過ぎても外がまだ明るいというのは、ちょいと安心である。

最近、SNSでアメリカのスミソニアン研究所の面白い研究成果が伝わってきた。
メキシコなど中米にある古いカトリック教会は、冬至の際に太陽光線が祭壇に差し込むように設計されているという。
ヨーロッパ人到来前の先住民の信仰と嗜好を踏襲したらしい。

アメリカ大陸の先住民は南北両大陸に拡がっている。
北半球側と南半球側での相違は如何。

『リオ フクシマ 2』は僕あたりはミックスダウンと呼んでいる、音声の位置とレベルの調整をひとまず終了。
これから、通しでチェックする作業に入る。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.