移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2017年の日記  (最終更新日 : 2018/01/02)
12月25日(月)の記 御出生以来二千十七年

12月25日(月)の記 御出生以来二千十七年 (2017/12/28) 御出生以来二千十七年
ブラジルにて


今日も早朝から家族全員で出発。
近くのチャペルでのクリスマスのミサに預かってから、連れ合いの実家へ。
サンパウロにいる親類らが集って、昨日に引き続きクリスマスの昼食会。

この一族は見事にアルコールをたしなむ人がおらず、昨日も今日も食卓にシャンパンもワインもなし。
つい飲み過ぎるムキ、そして運転者には、ありがたいといえばありがたいのだが。

夕方、帰宅後に飲みそこなった分の挽回に努めようと思うが、案外飲めず。

今日のタイトルは慶長五年版のキリスト教教義書『どちりな きりしたん』の西暦の表記にならってみた。
日本ではクリスマスがキリスト教の教祖の誕生祝いということを意識するムキも些少だろうが、この日に西暦のことを想う人はさらに珍しいことだろう。
かたやプラントハンターがらみの神戸の巨大クリスマスツリー騒ぎか。

生態系も宗教ももてあそぶというのは、あぶないかも。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.