移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/04/24)
1月25日(木)の記 464歳の台所

1月25日(木)の記 464歳の台所 (2018/01/28) 464歳の台所
ブラジルにて


今日はサンパウロ市の誕生日で、お休み。
464年前、現在のサンパウロのダウンタウンにある高台で、インディオ教化村の設立をはかったイエズス会士たちが記念のミサをたてたのに由来する。

家族は家にいて、人も来る。

昨晩は、カレーをこさえた。
今日は昼にトンカツを揚げて、まずはカツカレー。
子供がトンカツづくりについて、揚げ物屋で見たという手順の導入を提案してくれる。
さらに自分でネットで調べて、衣、そして揚げ方を工夫。
これまでよりだいぶ小ざっぱりと美味しくムラなく揚がるようになった。

夜は、麻婆豆腐のリクエストあり。
朝、トンカツ用の豚肉を買いに出た時に、豆腐も買っておいた。

近くの日本食材に、沖縄豆腐が2種類、売られるようになった。
どちらもよく似た漫画チックなシーサーをデザインしているが、どっちがどうだか区別がつかなくなった。
シーサーの絵の大きい方の、製造日が今日になっているのを買う。
帰宅後、さっそく冷蔵庫へ。

夕方、開封して包丁を入れると…
なんと、ネバリの糸を引くではないか。
小片を口に入れると…やや酢っぱみ。

本来、その日の沖縄豆腐はほんのりと塩味もあり、そのままで十分フレッシュな味わいを楽しめる。
持ち帰ってさっそく冷蔵庫に入れたし、暑さのせいとは思えない。

こっちの豆腐は、これがあるから…


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.