移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/02/18)
1月30日(火)の記 心と口と…

1月30日(火)の記 心と口と… (2018/01/31) 心と口と…
ブラジルにて


午後イチで歯科医を予約してある。
午前中、在ヨーロッパの僕の友人から、届けものを預かってきたという人から電話がある。
僕あたりが日本で託されて担いできたものは、平気で自分のところや指定の場所に届けろとおっしゃる方が多い。
気の弱い、そして教育の違う僕はそういうことができかねる。

先方のところを訪ねてピックアップの後、東洋人街の日伯援護協会の歯科医へ。
ブラジルに来てから何人の歯科医の手にかかったかな。
ざっと、5人…
思い出したくないのも何人か。

最初は連れ合いに近い女性の歯科医にかかっていた。
どうもあまりに身近かな人は具合が悪く感じて。
そもそも本来、他人に見せるべきではない口のなかを…

心のなかと同様かも。
そういえばカトリックの告解も、身近な司祭を避けて行なうケースが少なくないと聞く。
口のなかも心のなかも、やたらに他人に開くものではないと僕は思う。

歯科医のあと、東洋人街で土産物の買い出しのハシゴ。
昨日、買えなかった頼まれものを探しに、チェーンの最大級の店まで歩く。
ネット上ではあるもののまだ入荷していない、来週ぐらいに来るかも、とのこと。
もはやこれまで。

さあ荷物も重い、雨も降ってきた、帰りましょう。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.