移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/02/18)
2月3日(日)の記 香港ずし

2月3日(日)の記 香港ずし (2018/02/08) 香港ずし
ブラジルにて


あっという間に訪日前日となってしまった。
昼食はわが団地から眼と鼻の先にできた食堂に行ってみることにする。
日曜の昼だが、家族4人が揃った。

昼食専門の、バイキング形式で重量で値段の決まるシステム。
店の名は、TAN。
先日、下見をしたが、スシ系が中心で経営はチャイニーズとみていた。

非日系ブラジル人がつくるスシよりは気が利いている。
基本的にサーモン使用で、握りや巻物を衣をつけて揚げたものもある。
クリームチーズやマヨネーズも多用。
ミニサイズの手巻き寿司も面白い。
アルコールはバドワイザーしかないのが残念。

開店当時は気の毒なほど客がいなかったが、数週間のうちにそこそこ入るようになったようだ。

支払いを済ませて、大陸の中国人か、台湾人かと聞いてみた。
香港だという。
ブラジルで香港人というのは、あまり会った記憶がない。

次回は、TANはどんな字か聞いてみよう。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.