移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/04/24)
2月5日(月)の記 伯墨旅行

2月5日(月)の記 伯墨旅行 (2018/02/08) 伯墨旅行
ブラジル→メキシコ


早朝5時起き、6時出家。
出発時間の3時間前に、サンパウロ国際空港第2ターミナルのメキシコ航空のカウンターの列に着く。
事前の座席予約ができず、もう通路側はないという。

搭乗予定時間が過ぎてから、ようやく乗務員らが現われる。
さすがブラジルと並ぶラテンの大国だ。
機内は、満席。
客室乗務員の態度は、アメリカの航空会社よりいいかも。

メキシコシティの空港のついてからの出国審査までの混乱混沌。
1時間半はゆうにかかる。
ブラジルよりはるかに劣るではないかと憤る。

が、今日はメキシコの国民の祝日で、通常よりはるかに到着客が多いとのこと。
税関の荷物審査の後、出口に向かう前にトランジットに誘導される。
外に出れないのは面白くはないが、安心ではある。
さあ、8時間近くある。
出発ロビー階にあるメキシコ料理&バーの店へ。

メキシコ国産ビール、タコス、マルガリーダ。
中途ハンパな時間で僕以外にタコスを食べる客もおらず、地元風食べ方の勝手がわからない。
無難にナイフとフォーク、少々手づかみ。

メキシコ…
ペキンパーやブニュエルの映画を想い出す。
ペキンパーの映画のメキシコに親しんだ頃は、まさか自分がブラジル移民となって祖国に向かう途中にこの国に立ち寄ることがあるとは想像もできなかった。

想えば遠くに来たもんだ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.