移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/07/15)
3月30日(金)の記 聖金曜日のひとりごち

3月30日(金)の記 聖金曜日のひとりごち (2018/04/02) 聖金曜日のひとりごち
ブラジルにて


イエス受難/処刑の休日である。
昼は連れ合いの実家に集まっての、獣肉抜きの食事。
夜は聖金曜日のミサに預かる。

天空は、満月近し。
復活祭の日は毎年異なるが、その計算の仕方をようやく覚えた。
春分の日(南半球では秋分)のあとの最初の満月の日のあとの最初の日曜日。
今年は4月1日が満月で日曜と重なる。
すでに日本では本来の意義を問わないカーニバルの本来の時期は、この復活祭から逆算される。

日本というフィルターには除外されるブラジルの文化こそが、僕あたりには面白い。
今年のアメリカのオスカーをさらったギリェルメ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウオーター』にはサンバの歌姫と呼ばれるカルメン・ミランダの歌と映像がそこそこ用いられていて驚いた。
あまりこのことに日本人のブラジル音楽好きの方々は言及していないようだ。
アマゾンの半魚人とサンバの歌姫のオーバーラップというのがすごい。
寿司に天ぷらを握るみたいで。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.