移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/05/21)
4月19日(木)の記 末吉公園とマウンテンデュー

4月19日(木)の記 末吉公園とマウンテンデュー (2018/04/28) 末吉公園とマウンテンデュー
日本にて


撮影疲れ、飲み疲れのなか、未明に沖縄行きの支度。
羽田空港へ。

ANA機はJALと違って事前にアプリをインストゥールしておかないと機内wi-fiは使えないようだ。
乗る前に知らせてほしいもの。
JALにはあった座席のUSBコンセントもANAにはない。

ひと月半ぶりの沖縄。
なんだかずっと那覇にいたような気がするほど違和感がない。
まずは今日の宿をとった首里へ。
モノレールから地表を眺めておいたのが後で役に立った。

午後、友人が都合をつけてくれるという。
漫湖のマングローブ林をともに踏査するか。
末吉公園の亜熱帯林も捨てがたい。
迷ったあげく、亜熱帯林にする。

拙作『リオ フクシマ 2』のあの森のことを考えるためにも、そうしよう。
末吉公園には、那覇市唯一の亜熱帯の自然林が残っている。

僕が先に着き、ロケハン。
滝見橋あたりまで行ってみる。
この木陰の心地よさ。
拙作の、森に入った坂田昌子さんの姿を思い起こしてもらいたい。
友と至福の時間を過ごす。

帰路、モノレールから見つけた儀保駅近くのネットカフェに入る。
アジアの亜熱帯地帯の古い建物に入った時の空気。

ヤマトのネットカフェと比べて変わっているところ…
利用者の記帳は、大学ノートの手書きフォームに。
コーヒーは、瓶入りのインスタントコーヒーの粉が置いてある。
清涼飲料に、ペプシコ販売のマウンテンデューがある。
禁煙席はないが、空気洗浄機が置かれている。

2時間パックで、たまりにたまったネット作業の焼け石に水を注ぐ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.