移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/06/12)
6月8日(金)の記 ファヴェーラ・オリンピカ

6月8日(金)の記 ファヴェーラ・オリンピカ (2018/06/10) ファヴェーラ・オリンピカ
ブラジルにて


今日は新たな映像編集用の素材取込みをしようと思う。
さっそく、不具合。
パソコン編集というのは、こういう事態に慣れることが肝要なのかも。

諸々重なって入り組んできているので、映画観賞等はそこそこにそておきたいところだが。
次回訪日時に他人様の映像を見ての講評も担当することになったので、その引出し、間口を広げておくためにも見ておかないと。

1セッションだけ見にいきましょう。
『Favela Olimpica』、邦訳すればオリンピックのファヴェーラ:スラム街。
スイスの製作で2017年の作品。
リオのオリンピックスタジアムに隣接するため、すでに当局から合法的居住が認められていたのに立ち退きを迫られることになったヴィラ・アウトドロモ地区の人たちに寄り添った記録だ。
「ここのファヴェーラは犯罪とも無縁だし、住民の人情がとってもいいんだ。ずっとここに住み続けたいね」。
そんな住民たちを、当局はあの手この手で崩しにかかるのだ。

オリンピックの開催まで抵抗を続けた住民がスタジアムの大騒ぎの外で語る。
「2020年には地球の反対側でこんな問題が起こるんだな。
 トーキョーの人たち、よく覚悟しておきなよ。」

リオでかき消されようとした声に、耳を澄ませようとする東京人はいるのだろうか?


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.