移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/11/16)
7月8日(日)の記 水戸ミッション

7月8日(日)の記 水戸ミッション (2018/07/10) 水戸ミッション
日本にて


時こそ来たれ。
今回訪日のメインイベント。
水戸市芸術祭のなかの映像祭のコメンテーターを担当。

応募された短編映像全17本への講評と、わが招待作品の初公開。
僕の招待に尽力をつくしてくれた人の顔に泥を塗るわけにはいかない。

水戸市中央図書館に午前9時出頭。
今日も猛暑だ。
開始は、午前10時30分。

事前に僕の紹介はされたが、僕自身のあいさつというのはなかった。
それぞれのコメントのなかで、僕が何者かも語っていくことにしよう。

みなさん、アマチュアである。
とにかくよい点を見つけること、今後の制作意欲をそがないこと。
技術的作品的に向上が見込まれる人にはアドバイスをすること。
僕自身が、謙虚に勉強させていただくこと。

出品者は、高校生から90歳近いご年配まで。
高校映画部の顧問の先生は来ているが、肝心な高校生の姿が見られないのが残念。

僕にとってはそこそこの作業となった『未来のアミーゴたち 神立キッズ&スクール』。
主人公の櫻田さん夫妻も来てくれた。
他にもオカムラ系が複数、来てくれて頼もしい。
場内どよめきの初公開。

デリケートな自作の初公開で緊張。
締めの講評は、もっと出品者に寄り添って話すべきだったと反省。
いっぽう終了後も出品者の方々から僕に語り掛けてくれるケースはまれで、この人たちのことがよくわからないまま、世話人の方々からうかがうにとどまった。

いずれにしろ、われながら及第点かと。
いただいた謝礼分のお仕事はさせていただいたかな。
世話人の方々と美酒美食をいただく。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.