移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/09/19)
7月11日(水)の記 はじめに音楽ありき

7月11日(水)の記 はじめに音楽ありき (2018/07/18) はじめに音楽ありき
日本にて


今宵は茨城水戸で、お呼ばれのコンサート鑑賞。
そのまま水戸に泊まり、明日からジャパンレールパス使用の列島巡礼上映開始だ。

それぞれの訪問先への土産物、そしてこの暑さなので着替えもそこそこの量になる。
炎天下に大荷物を持っての移動がなるべく少なくて済む行程としよう。
鈍行列車の乗継ぎで、水戸へ。
今度の訪日ではまことによく茨城に通った。
車窓から見るばかりの森に踏み込んでみたいものだ。

格安ホテルにチェックイン、ひと汗流して。
水戸にのまえさんでのケーナ奏者にして音楽人類学者の岩川光さんのソロコンサート「未来の古代人」。
https://www.facebook.com/tours/2089352774614529/

にのまえさんの座敷に並べられた楽器類、そしてそれぞれについての講釈が面白い。
たとえばコンドルの体は、骨や羽、そのものがもう楽器だという。
ヒトは、ヒトたりえた時に、もう音楽を奏でていたのだろう。

さあ僕の旅がはじまる。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.