移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/11/12)
7月15日(日)の記 燃える京都

7月15日(日)の記 燃える京都 (2018/07/22) 燃える京都
日本にて


朝イチ、そこそこの荷物を引きずって目黒駅まで歩いてしまう。
いざ、京都へ。
知人にとってもらった宿に荷物を置いて。
フマニタスゆかりの河原町教会のミサにあずかる。
神父さんはミサ中でもどうぞ水を飲んでください、自分も飲んでいますと語りかける。

教会近くのインド料理屋で京の友とランチ。
猛暑の地でのインド料理は理にかなっていると体感。
食後の京ブラ、町屋にある文祥堂書店という本屋さんに入ってみて、実に濃い思いをする。
お店で出会った人が、本屋は人をつなぐ水脈、と語るがそうあれかし。

夕方の上映準備まで、宿でしばし休息。
『土地なし農民の闘い』と京都ではじめての『京 サンパウロ』上映。
京都新聞がカラー写真2枚も配した記事でこの上映を紹介してくれていたことを、来場された方が教えてくれた。

懇親会ではイノシシやシカなどのジビエの鉄板焼きをいただく。
油はゴマ油、どばっと鉄板に注いで、どばっとその飛沫を浴びる。
もう一枚、着替えを持ってくればよかった。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.