移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/09/19)
7月19日(木)の記 農業最前線異常なし

7月19日(木)の記 農業最前線異常なし (2018/07/22) 農業最前線異常なし
日本にて


昨晩から、ただならぬ疲労を感じていた。
強行軍の連続に加えて、酷暑の日々だ。
朝も体が重い。
パソコン作業も滞っている。
昼過ぎまで、目黒の実家でゆっくり過ごす。

夕方から淡路町のPARC自由学校にてライブ上映だ。
今日のテーマは「ブラジル農業最前線」と銘打ったが、僕は概論に疎い。
日本語とポルトガル語のネット検索でデータを集めておく。
しかし、ネットで簡単に出てくるような情報を書きとってしゃべってもシャレにならない。

主催者のチョイスは『土地なし農民たちの闘い』と『ササキ農学校の一日』。
ニューフェイス、思わぬ懐かしい人、常連さんが程よく入り混じる。
人間いかに生きるべきか、社会の弱者の尊厳というみどころに参加者もフォーカスを合わせてくれたようだ。

昨年の札幌での上映会のような、誤解をされたムキもいなかったようで。
北の町では「ブラジルへの投資と起業を考えて参加したが、期待外れ」という人がいた。
なにを勘違いしてやってきたのだろう?
おかげさまでPARCビルまでやってくる人には、この手の勘違いは稀有のようでありがたし。
いっぽう懇親会の自己紹介では、例によってエンドレスの人が少なくない…
それをどう仕切るかが、エンターティナーの手腕。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.