移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/11/12)
7月25日(水)の記 足柄のお日がら

7月25日(水)の記 足柄のお日がら (2018/07/31) 足柄のお日がら
日本にて


急きょ決まった本郷での打ち合わせ経由で。
神奈川の最西部、丹沢や小田原にほど近い足柄地方での上映へ。
今年はじめの学大ライブ上映に来てくれたメンバーが、地元での上映をしてくれることになった。
上映会場は、開成町というところ。
寡聞にしてこの町の存在を知らなかった。

町役場のなかの施設で、畳の間二つを打ち抜き。
温泉旅館の宴会場のノリ。
外光を遮るカーテンがない。
襖を外して白ガラス部を覆うことに。

近隣各地の、これはという方々に呼び掛けたようだ。
手ごたえのある方々に集まっていただけた。
上映作品は『リオ フクシマ 2』。
作品後半になっての登場人物に「この人、知ってる!」の声が。
思わぬ場所での上映で、こういうことがあるのだ。

懇親会は、ガラパゴスの名を冠した地ビールを供するお店。
主催者が僕の終電を調べてくれて、参加してくれた若い農家さんがダイハツの軽トラで開成駅まで送ってくれた。
間に合った。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.