移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/09/19)
8月2日(木)の記 温度差20度

8月2日(木)の記 温度差20度 (2018/08/07) 温度差20度
→大韓民国→エチオピア→ブラジル


エチオピア航空機中。
深い眠りを断ち切られて、仁川空港でいったん降機、手荷物と身体検査。
午前0時すぎ、さすがの仁川空港も空いている店はわずか。
同じ飛行機でアジスアベバに向かう。

右側三人掛けで僕が通路側。
隣二人はアフリカ人で、すぐ隣の男性はマダカスカルから日本に働きに来ていたようだ。
アフリカ人同士がたどたどしい英語と片言の日本語ちゃんぽんで会話をしているのが面白い。

機内映画は、不作。
日本映画は2本あるが、いずれも若者の難病モノ。
『二度目の夏、二度と会えない君』という高校生ロックバンドもので、ヒロインがみまかるというのを見てしまうが…
保護者や家庭、経済的バックグラウンドがまるでうかがえない高校生たち。
誰が、どうしてこういう映画を機内映画に選ぶのだろう?

アジスアベバでのトランジットは、毎回変わる。
係員もいいかげんで、真に受けていたら危なかった。

それにしても、機内は寒い。
Tシャツの上に半袖シャツを着ているのだが、その上に薄い毛布をかぶる。
夕方のサンパウロに到着…気温摂氏16度。
ふるさと東京とざっと20度の温度差。

やれやれ、ぶじブラジルの家族のもとに…
あ、帰りのシャトルバスに成田のDUTY FREEで買った袋を忘れてきたぞ。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.