移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/09/19)
8月12日(日)の記 ブラジルの父の日

8月12日(日)の記 ブラジルの父の日 (2018/08/14) ブラジルの父の日
ブラジルにて


今日は、ブラジルの父の日。
こちらでは日本語に訳すと「おめでとう」と言われる。
日本なら「ありがとう」だろうといつも思う。

まあ愚生はまさしく、おめでたい父である。
わが父も他界して久しく、連れ合いの父も三回忌を済ませたばかり。
こちらが矢面に立つ。

愚父のリクエストで、夜は手巻き寿司。
日曜の路上市でのネタの買い出しは本人が行く。
刺身用にアジ、エビは小ぶりのむき身。
朝の遅いオルガニックの屋台でキュウリとキャベツを求める。

家族四人のひととき、あといつまで続くかな。

ミュンヘンオリンピックの記録映画の邦題を想う。
以前にも書いたかもしれない。
『時よとまれ、君は美しい』。
ちょっと検索してみると、どうやら『ファウスト』に登場する言葉のヴァリエーションのようだ。
映画のタイトルの邦訳では、ベストの部類ではなかろうか。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.