移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/09/19)
8月15日(水)の記 病める踊り手

8月15日(水)の記 病める踊り手 (2018/08/19) 病んだ踊り手
ブラジルにて


今日は昼、そして夜もメトロ利用で外出。
メトロの車内音楽は時間によってジャズだったり、クラシックだったりするようだ。
「本場」でありながら日本人の期待する「ブラジル音楽」が流れないのが面白い。

夜は、21時からの公演…
日本の知人から、サンパウロで行なう舞踏のスタッフとしてこちらに来るとの連絡をいただいた。
その公演である。

ポルトガル語のタイトルを邦訳すると「病める踊り手」。
尋常ではないのが伝わってくる。
田辺知美、川口隆夫が土方巽の世界に挑戦する、という触れ込みだ。
タタミに着眼した演出とか。

日本近辺の気象放送から始まる。
正直なところ、よくわけがわからない。
日本語とポ語で書かれた資料を入場時にもらった。
その日本語そのものが、読みこなしにくい。
寡聞にして知らなかったが土方巽に『病める舞姫』というテキストがあり、それをもとにこの二人が『ザ・シック・ダンサー』というタイトルで公演を続けているようだ。

思えば会場内に、スタッフ以外は日本人一世は見当たらなかったようだ。
会場のあるパウリスタ地区は日本人駐在員の居住地区だが、重なることのない世界か。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.