移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/09/19)
9月5日(水)の記 APARECIDAで学ぶ

9月5日(水)の記 APARECIDAで学ぶ (2018/09/12) APARECIDAで学ぶ
日本にて


学芸大学「平均律」さんで絶品のアイスコーヒーをいただいてから、西荻窪へ。
スマホのアプリがいちばんに推す新宿三丁目乗換えルートでいってみる。

今日は西荻窪のブラジリアンバーAPARECIDAさんに河岸を変えてのPARC移民講座第2回。
主にブラジル音楽好きの人たちが集まるスポットだ。
経営者のWillieさんは、ブラジル音楽オンリーの人たちに、音楽以外のブラジルも知ってもらおうと考えて、僕の訪日の度に上映の機会をお店で作ってくれている。

今回は概して漠然とブラジルや移民という言葉に興味を持った人たちに、ブラジル音楽を講師として語ってもらうことになった。
Willieさんは自ら率いるブラジルツアーを来週に控えながら、新たに練ったオリジナルのレクチャーを音と映像も用いて展開してくれた。

あらためてWillieさんの並みはずれたブラジル音楽オタク度、サービス精神と気骨がうかがえて興味は尽きない。
多くの講座生もその思いを共有してくれたことだろう。

苦しいほどのうれしい満腹!


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.