移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2018/10/14)
10月6日(土)の記 銀幕の開幕

10月6日(土)の記 銀幕の開幕 (2018/10/11) 銀幕の開幕
日本にて


今回の夜行バスは隣で嘔吐する人もなく、助かる。
午前6時台に横浜で下車。
崎陽軒のシウマイと神奈川新聞を購入、東横線にて祐天寺の実家に戻る。

今日は午後からホームグラウンドの学芸大学にて上映、来週月曜には離日。
この実家の散らかりと残務、荷造りが片付くかどうか、いやはや。

今日はアンケート用紙のコピー、そして流浪堂さんに預かってもらっている新規購入のスクリーンの設置がある。
早めに実家を出る。

スクリーンは長さ2メートル、バズーカ砲サイズか。
電車で運ぶのはたいへんな大きさだ。
東京からUターンを決意したシンパの夫妻が流浪堂で待機していてくれて、上映会場設営をサポートしてくれた。
これには助かった。

ここのところ猛暑や台風などもあり、ここ地元上映は集客数がイマイチだった。
今日は、一気に挽回。
上映作品は『リオ フクシマ 2』、7月末の上映で台風直撃を受けたため再映。

思い切ってスクリーンを購入して、字幕も多いのでめいっぱい高めの設定にしてよかった。
いい上映ができたと思う。

18時前に撤収、懇親会参加希望は10名ほど。
僕の出国準備もあり、アルコール抜きの喫茶店を想定していたが、これだけの人数の席が取れない。
ままよファミレスでも、と思うが面々はアルコール希望者が多い由。
キャパの大きい毎度おなじみのチェーン居酒屋での懇親とする。
盛り上がりは尽きないが、21時前でいったんのお開きとさせてもらう。

さあこれから幕引きを美しくいけるか。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2018 岡村淳. All rights reserved.