移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
10月9日(火)の記 アジア→アフリカ→南アメリカ

10月9日(火)の記 アジア→アフリカ→南アメリカ (2018/10/14) アジア→アフリカ→南アメリカ
→大韓民国→エチオピア→ブラジル


地球の自転に逆行しているから、僕にとっての今日は長い。
一日で、三大陸を踏む。

いまさらながら、エチオピア航空はなかなかの混沌である。
インチョンではさすがにきちんとしていたが、アジスアベバ空港はなかなか。
欧米系の航空会社なら列や順番などを守るのがマナー、当たり前。
こっちは、正直者はバカを見る感じ。
正直に、搭乗順のゾーン分けに従っていたら、搭乗時にはすでに頭上の棚の空きもなかった。
しかしアメリカ系の航空会社よりは客室乗務員が親切で、ずっと離れたところの空きスペースを教えてくれた。

機内映画は邦画の『今夜、ロマンス劇場で』というのが拾いものだった。
「映画は、ひとを幸せにするもの」というのが自明のこととされているのが妙な驚きだった。
わがドキュメンタリーも映画の範疇に入れてもらうとすれば。

今回の日本ファイナル上映会で、震災と福島事故関連の映画を数多くご覧になっている方からこんな言葉をもらった。
他の作品は気が滅入るばかりだけど、岡村さんの作品は気持ちが明るくなる。

孤独の記録映像作家は、このことを考えていこう。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.