移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
10月18日(木)の記 ビデオ編集危機一髪

10月18日(木)の記 ビデオ編集危機一髪 (2018/10/20) ビデオ編集危機一髪
ブラジルにて


朝、ウエブ日記などに手を加えてから、さて映像編集を始めようとして…
ノートパソコンに取り込んでいる編集システムが、シリアルナンバーの入力を要求してきた。
え?
こちらに持ってきていたパッケージのなかに長々のシリアルナンバーが印字されていて、これは助かった。
今度は、暗証番号を要求してきた。
まるで覚えがない。
よく使うのをいくつか入力してみるが、NG。
さあ困った。
購入当時のメモ帳を探して…

いやはや、あったあった。
なんとか編集システムの再開かなう。
日本に上映中止のお願いを入れなければならないところだった。

午後から二件ほど、東洋人街に日本人の知人に会いに行く。
一件目は日本から来ている若い人。
ぜひ会いたい、ということでこの取り込み中に都合をつけた。
4か月ほど前にも乞われて会っていた。
その時、彼がメモを取っていたはずの基本的な単語を口にすると、それは何のことかと聞かれる。
それ以前に、今でも僕のウエブ日記の存在もご存じないのに驚き。
見ればわかるその内容の説明をと求められて、さすがに勘弁してもらう。
思えば先回、会った時にブラジルの先住民のことを聞かれた。
僕はウエブ上でもブラジルの先住民について書いていることを伝えたのだが、もちろんそれを読んだ気配はなく、「インディオとどう付き合ったらいいか」などとまた聞いてくる。
なぜインディオと付き合いたいのか?と先回、会った後でメッセンジャーでも伝えているのだが、それは問答無用のようだ。
本業で追い込まれている時に、いやはやわが不徳の致すところ。

次の面会に遅れてしまう。
中南米の風土病シャーガス病の権威、三浦先生とのお話。
若者に「これから風土病の専門家に会いに行くのに遅れてしまう」と言ったら、
「フード病」と思ったようで、何の食べ物の病気かと質問を受けたのはご愛敬。
彼の今日も質問のなかでは、いちばんサエていたかも。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.