移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
10月20日(土)の記 今日も危機一髪

10月20日(土)の記 今日も危機一髪 (2018/10/21) 今日も危機一髪
ブラジルにて


昨日はどっと疲れが出て、夕食の支度もパスして寝込む。
今朝も体調不良の余韻、昼過ぎまで臥せる。
少し軽いものが読みたくなる。
水戸の川又書店で求めた『茨城の怖い話』。
コンビニ本、ぐらいのノリのつくり。
最初のエピソードから、編集者がきちんとチェックしているのかというような不整合を発見。
ライターの得意分野なのか、死姦と膣痙攣というネタが続く。
それでも、なじみのある地名が続き、目くじら立てずに読了。
1943年10月26日に発生した土浦駅構内での大事故のことも繰り返して取り上げられていて、これを知っただけでもありがたい。
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000136460
次回、土浦を通るときに黙祷しよう。
先月のPARC講座の際、一同でピクニック気分で通過したあたりが事故現場のようだ。
先回の講座の時は知らないでごめんなさい。

本業の編集に踏み切るのに、いまひとつ気が重い。
来週土曜日にサンパウロ郊外の農場で予定されている上映の素材の準備を使用。
懸念していた作品の方は、マスター扱いのテープの劣化もうかがえず、胸をなでおろしながらパソコン編集機に取り込んで作業。
ところが、メイン上映作品のDVD素材がこちらにみあたらない。
しばし、うろたえる。
VHSデッキを担いでいってVHSで上映するか。
が、別の心あたりの方法を試してみて…
試行錯誤のうえ、なんとかなりそうだ。
いやはやいやはや。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.