移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
10月27日(土)の記 『満洲国水草図譜』

10月27日(土)の記 『満洲国水草図譜』 (2018/10/30) 『満洲国水草図譜』
ブラジルにて


今日はサンパウロ市近郊アチバイアにある和栗農場に呼ばれての拙作上映。
昨年、アチバイアに車で出向いて泥道で遭難したこともあり、乗合いバスで。

先回は日本からの留学生やサンパウロ市からの方々中心だったが、今回は地元の日系人の方々も招いたという。
今日のメイン上映作品は『ギアナ高地の伝言 橋本梧郎南米博物誌』。
地元の農家の方々のなかには、生前の橋本先生の薫陶を受けている人もいらした。

驚いたことに、父親が『満洲水草図譜』という本の出版に関わったという方がいらした。
その実物を持参してくれた。
奥付を見ると、1942年の発行。
旧満州で水草に特化した図鑑が出されていたことがそもそもの驚き。
佐藤潤平著、杉野光孝画。
作画を担当した杉野氏が敗戦後、内地を経てブラジルに家族を連れて移住していたのだ。
橋本先生もご子息にこの本を見せてもらって感心していたという。
かつて橋本先生の同僚で、ブラジルの貝塚の発掘などを手掛けた考古学者の酒井喜重氏も晩年をアチバイアで過ごしたと教えてもらい、これも驚き。

ちなみにこの本の著者の佐藤潤平氏についての興味深い資料があった。
ほう、秋田の人か。
http://jsmh.umin.jp/journal/54-2/130.pdf


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.