移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
11月4日(日)の記 ブラジルの大アジ

11月4日(日)の記 ブラジルの大アジ (2018/11/09) ブラジルの大アジ
ブラジルにて


日曜の路上市にて…
刺身用の魚を物色。

こちらで Xaréu と呼ぶアジの仲間をすすめられる。
属名 Caranx、和名はギンガメアジ属か。
ギンガメとはなんのことか、ちょっと調べても不明。

このシャレウ、金色に輝き、色としては食欲をそそらない。
そもそも大きすぎる。
あんちゃんは、安くするから持っていけという。
はかると、3キロ。
ま、いいか。

昼、連れ合いの実家に持参して実家にあったマグロやサーモンとともに刺身におろす。

わが家に戻って、ホネ回りの肉をスプーンでそいで、ナメロウにする。
切り身は塩こうじをまぶして、焼き魚に。

実家からマグロの残りをもらってきた。
先日のお好み焼きの残りのヤマイモがある。
これでマグロ山かけにしてみると、女性陣に好評。
まずわが家では高価なマグロの赤身を買うこともないからな。

明日の今ごろは、サンパウロ出家か。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.