移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
11月13日(火)の記 大声のささやき

11月13日(火)の記 大声のささやき (2018/11/19) 大声のささやき
日本にて


ブラジルでも日本でも手続きの重なる、まさしく人生の節目。
今日は、懸念の日本編。

手続き会場の最寄りに友人夫妻が住んでいる。
お互い時間があればカフェでも、と声をかけると応じてくれた。
まさしく会場と目と鼻の先の住まいだった。
「どうぞ拙宅に」と招き入れていただく。

妻の方は勤めに出ていて、なんと食事を用意してくれていた。
妻にメシを作らせて働かせ、夫と日中からアルコール、という極道の道へ。
訪日以来、張り詰めていただけにまことにリラックス。
ついでに午睡までさせていただく幸せ。

思えばこの夫、あの岡村が目をむくほど声が大きい。
以前、昼の定食屋でチンピラに「うるせえ」とどやされたこともあり。
それを知った妻の配慮かもしれない。
お宅でも声は大きいので、近隣からクレームがないか確認しておく。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.