移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
12月22日(土)の記 ブラジルのおフランス

12月22日(土)の記 ブラジルのおフランス (2018/12/26) ブラジルのおフランス
ブラジルにて


連れ合いの実家にて、フランスから短期帰国した親類がごちそうしてくれるという。

すでにクリスマス休暇がはじまり、街の人出も交通量もやや控えめになっているが、マージナル幹線道路のあの渋滞部分が心配。
スマホのアプリは思わぬ抜け道を示唆してくれた。
そのままこれをすべて信じてしまうとスラム地帯に迷い込んでしまったかもしれないが、後半部分は連れ合いの言うことを聞いて正解だった。

一部の食材はフランスから担いできてくれたもので、申し訳なし。
前菜、スープ、メイン料理にデザート、手間暇がうかがえるものばかりで、これまた申し訳なし。
お味の方は…フレンチ系というのは、たまになら、話のタネに、ということで。

年末の飲酒運転の取り締まりが厳しいという。
そこそこに休ませていただき、アルコールをそこそこ冷ましてから帰宅。
深夜の運転はそれはそれでヤバいが、おかげさまで無事生還。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.