移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
12月24日(月)の記 イヴです、のみマス

12月24日(月)の記 イヴです、のみマス (2018/12/29) イヴです、のみマス
ブラジルにて


土曜にごちそうになったばかりだが…
今日はまた連れ合いの実家にて、クリスマスイヴの夕食会。
義妹が、日本人の友人を招待するという。
すると、その日本人がもう二人、職場の日本人を連れてくるという。
賄い方は、人数が増えるとけっこう大変だ。

その日本人の友人は、自分の分は半分しか食べないから、と言ったとか。
実際そういうわけにもいくまい。
まあ今日の僕は運転手役、日本人客のお相手役だから実家の決定に従うのみ。

連れ合いの一族は、基本的にアルコールがなければないでかまわない人ばかり。
招待した日本人は、飲む。
僕も、キライではない。
先方はタクシーで帰ればいいが、こちらは家族を連れて運転せねばならない。

明朝の用事があり、実家に泊りはナシとされる。
年末の飲酒運転取り締まりが厳しいので、できればアルコールを飲み終えてから3時間は時間を置きたい。
それも急かされて、ままならず。
深夜になればなったで、強盗や他の飲酒運転車が怖い。
いやはや。

ひやひやの運転の途中で、午前0時を迎える。
住宅街の、トラベスチ(男娼)出没ポイントを通過…
さすがに、この時間は…
いた。
各地でメリークリスマス!の騒ぎをしている時に、暗い歩道に立って眺めているスマホのあかりが青白く顔面を照らすトラベスチがいた。
「買う」気はまるでないけど、小遣いでも渡して「彼女」のクリスマス感など聞いてみたいものだ。

アマゾンでの類似体験を思い出す…
おっと、それに今年、日本の皇室が結びついたぞ。

やれやれ、事故にも取り締まりにもあわずにわが家に帰還。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.