移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
12月30日(日)の記 終わりの始まり 始まりの終わり

12月30日(日)の記 終わりの始まり 始まりの終わり (2019/01/04) 終わりの始まり 始まりの終わり
日本にて


今日のタイトル「終わりの始まり 始まりの終わり」は画家の富山妙子さんの2016年11月から開催された特別展示のもの。
この語は富山さんの畏友で音楽家の高橋悠治さんからの提案、と富山さんからうかがっている。

今回の訪日のミッションは、富山さんに撮影は二の次で寄り添って、諸々のサポートをさせていただくことだ。
我ながら酔狂と思うが、有志の方のお力添えをいただき、決行に踏み切った。

97歳になる富山さんの体調がいちばんの心配。
午後、世田谷の富山さんのお宅にうかがう。
ふたたび足を痛めて、また年賀状書きの作業で根を詰めてしまったそうで、あまり体調は良くない由。

ブラジルで調達したフォトモンタージュのジョン・ハートフィールドの目録、富山さんが著書類でたびたび用いているブラジル絵画の巨匠ポルチナッリのポケット版画集を謹呈。
ことのほか喜んでいただく。

よもやま話をしてから、明日から年賀状下記のお手伝いをしましょうとお約束しておいとま。
時差ボケもあってふらふら。
実家に戻ってまずは横になる。
さあどのように年を越そうか。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.