移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2018年の日記  (最終更新日 : 2019/01/04)
12月31日(月)の記 いかでとしをこすや

12月31日(月)の記 いかでとしをこすや (2019/01/04) いかでとしをこすや
日本にて


午後からふたたび富山妙子さん宅を訪問。
年賀状書きのお手伝い。

日本で晩年の亡母の年賀状書きをサポートした頃を思い出す。
母はレビー小体型認知症というのをわすらい、字を書くことも難儀になっていた。
それでも、年賀状書きにこだわり続けた。
義理を欠かないようにだったのか。
自分が生きている証しとしての発信だったのかもしれない。

富山さんが根を詰めてさらにお疲れにならないよう、ほどほどにして失礼させていただく。
僕のドキュメンタリー作品の主人公宛てのがあって驚いた。
その方は、すでに数年前に亡くなっているのだ。
そのことを富山さんにお伝えする。
先方のお子さんらとも懇意にしているので、先方にも伝えておこう。

目黒に戻って、しばし仮眠。
さあ日本でどう年を越すか、いろいろ考えてチェックした。
カトリック目黒教会の0時のミサがあるようだ。
しかも、英語。
あえてそれに行ってみようか。
日本は治安がブラジルよりはるかにいいし、襲われることもないだろう。


前のページへ / 上へ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.