移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/02/20)
1月9日(水)の記 おじいちゃんは、かえってこなかった

1月9日(水)の記 おじいちゃんは、かえってこなかった (2019/01/13) おじいちゃんは、かえってこなかった
日本にて


かつて、自分の国は植民地にされていた。
自分がこの世で会うことのなかった祖父は、宗主国に労働力として強制的に連行されてしまった。
宗主国は戦争に敗れたが、祖父は故郷に生きて帰ることはなかった。

お孫さんが、思い切ってこの話を最後に語った。

その宗主国に生まれて、その国の国籍を持つ僕はどのようにふるまうべきだろう。

自分の祖父が、たとえば日本を占領したアメリカに強制的に連行されて、帰ってくることがなかったら、僕はアメリカをどう思うだろうか。
そして今も連行した側の国民から、被害者である自分の肉親をおとしめられ続けたとしたら。

そんな想いとともに、ささやかながら謹んで撮影させていただいた。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.