移民百年祭 Site map 移民史 翻訳
岡村淳のオフレコ日記
     西暦2019年の日記  (最終更新日 : 2019/02/20)
1月26日(土)の記 アマゾン先住民の遺産

1月26日(土)の記 アマゾン先住民の遺産 (2019/01/30) アマゾン先住民の遺産
ブラジルにて


サンパウロは、今日も猛暑。
土曜の昼、めずらしく家族4人がそろっている。

徒歩圏にあるパラー料理屋に行こうと提案。
パラー州は、アマゾン河流域の中下流域を占める。
この店は、小さなパラー州食材店からはじまり、近くにその倍ぐらいのレストランを開けるに至った。
今日ももう少し遅れたらテーブルにありつけなかった。

アマゾン先住民の偉大な知恵、マンジョーカ芋をおろして絞った毒液を発酵させたトゥクピを用いた料理。
近年は日本でもトゥクピが生産されているとのことだが。

マンジョーカの葉を畜肉とともに何日も煮込んだマニソバもあり。
アフロの影響の強い北東部の料理のアマゾンヴァージョンもあり。

思った以上に家族に好評で、やれやれ。
ブラジルの多様な食文化の豊かさを、僕だけで楽しんでいたらバチがあたるというもの。


前のページへ / 上へ / 次のページへ

岡村淳 :  
E-mail: Click here
© Copyright 2019 岡村淳. All rights reserved.